マウスピース型装置の矯正 メイン画像

1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社により開発された矯正治療で、透明なマウスピースを使います(インビザライン)。
インビザラインでは、コンピューターを使ってマウスピースを作成します。三次元的に⻭の移動⽅向を割り出し、⼀定期間ごとに造形が異なるマウスピースを装着します。そのため、ワイヤーとブラケットを使った矯正と同様に、2週間〜1ヵ⽉ごとにご来院いただき、治療経過をみながら新しいマウスピースに替えていきます。

こんな方におすすめです

  • 他⼈に気づかれずに治療したい
  • 簡単に取り外しできる装置が良い

実際にマウスピース型装置(インビザライン)で歯並び治療をしている方の代表例

  • 10代~30代の女性
  • 金属アレルギーの方
  • 接客業、営業など対人の仕事をされている方
  • 妊娠されているの方
  • 結婚式を控えている方
  • 就職活動中の方
  • 短期留学を検討中の方

メリット

透明なので気付かれにくい
透明なので
気付かれ
にくい
薄く透明な医療用プラスチック製のため、着けていることがほとんど分かりません。ワイヤーを装着する矯正装置に抵抗がある方におすすめです。
⾃分で取り外して⾷事や⻭磨きができる
⾃分で
取り外して
⾷事や⻭磨き
ができる
インビザラインは従来のワイヤー装置と違い、ご自身で簡単に取り外しが出来るため、普段通りに食事を楽しむことができケアも簡単で衛生的です。
⾦属アレルギーでも安⼼
⾦属
アレルギー
でも安⼼
インビザラインは⾦属を⼀切使⽤しない医療⽤プラスチックを使⽤するため、⾦属アレルギーのある⽅も安⼼して治療ができます。
⽐較的痛みが少ない
⽐較的
痛みが少ない
人の手で締めるワイヤー装置とは違い、インビザラインは人の手では難しい数ミリ単位で歯を動かすことが出来るため、他の矯正装置と比べ最も痛みが少ない治療です。
通院回数が少ない
通院回数が
少ない
インビザラインの場合、開始時期は調整が多くなりますが、マウスピースをご自身で交換し治療を進めるため、通院回数を少なくできる可能性があります。

デメリット

適応できない
症例がある
⻭のガタつきが強く抜⻭が必要な症例などでは、マウスピースで治療できない可能性があります。
1⽇
20時間以上
装着する
必要がある
マウスピースは1⽇のうち20時間以上付けていただく必要があり、決められた装着時間を守らないと治療が⻑引くことがあります。

マウスピース型装置(インビザライン)の種類

  • インビザライン(コンプリヘンシブ or フル)

    一般的に、インビザラインと呼ばれているのは、コンプリヘンシブと呼ばれるもの(フルと呼ばれるときもあります)で、歯並び全体を対象としたベーシックなものです。大部分の方が、この方法で矯正を行います。

    インビザライン(コンプリヘンシブ or フル)
  • 2 インビザライン・ファースト

    子ども用のマウスピース型装置(インビザライン)です。2019年に登場し、歯列弓の拡大、永久歯萌出のサポートを行います。

    インビザライン・ファースト
  • 3 iGo

    前歯だけのちょっとした不正歯列を矯正する場合は、こちらを利用します

    iGo

よくあるご質問

  • 装置を付けていて痛むことはありますか?

    新しいマウスピースを装着した際は、歯に違和感や軽い痛みを感じる場合がありますが、通常2~3日で痛みはなくなります。
    痛みの感覚には個人差がありますが、表側矯正・裏側矯正よりも痛みや不快感が明らかに少ないと報告されています。
    さらに、従来型の装置のようにブラケットやワイヤーが外れて舌や粘膜に刺さるような、怪我による痛みがないことも特徴です。

  • アタッチメントとは何ですか?

    アタッチメントとは、マウスピースを歯にしっかりと固定、歯を動かすための圧力を調整するために設置する白い突起物のことです。
    直接歯に接着し、治療後には撤去いたします。
    歯と同じ同色の樹脂で出来ているため、目立つことはありません。
    設置個所も目立たない位置に調整いたします。

  • 治療費はどのくらいしますか?(高いのでしょうか?)

    歯並びの条件にもよりますが、中度以上の不正歯列で、75万円~110万円が相場と言えます。
    当院では55万円~と比較的安価で治療が可能です。
    治療前の歯並びにより治療費用が変動いたしますので、詳しい治療費を知りたい方は無料矯正相談お気軽にご相談ください。