⾆側矯正とは、矯正装置を⻭の裏側に装着して⻭並びを整える矯正治療のことで、リンガル矯正、裏側矯正ともよばれます。
⻭の裏側に装着した矯正装置は、⼝を開けたときも⽬⽴ちにくいため、周囲の⼈に気付かれずに矯正治療を⾏なうことができます。また、治療中の装置の⾒た⽬による患者さまの⼼理的ストレスも軽減します。
ただし、⻭科医師には熟練の技術と知識が求められる難易度の⾼い治療ですので、治療を受けられる⻭科医院は限られます。
当院では、患者さまの症状にあわせて最適な裏側矯正をご提供いたします。

こんな方におすすめです

  • 他⼈に気づかれずに治療したい
  • 特に出っ⻭を改善したい
治療期間 約1年半〜2年半
治療費用 1,300,000円

メリット

治療している
ことが
気付か
れにくい
⼝を開けても装置が⾒えることがほとんどないため、矯正治療をしていることを気付かれずに治療をすることができます。
治療中に
⾍⻭
になりにくい
⻭の裏側は、⻭の表側よりも⻭の表⾯のエナメル質が厚く唾液腺が多いため、⽐較的⾍⻭になりにくいといわれています。
前⻭を後⽅に
引っ込め
やすい
裏側矯正の矯正装置は、固定源となる奥⻭を動きにくくするので、特に出っ⻭などで前⻭をしっかりと後ろに引っ張って移動させることができます。
⾆の悪癖が
改善しやすい
歯の裏側に装置がついているため、舌が装置に触れてしまう違和感によって舌で歯を押すクセが改善しやすく、装置を外したあとも後戻りしにくいメリットがあります。

デメリット

装置が舌に
触れる
違和感がある
舌が矯正装置に触れることに抵抗を感じたり、舌に跡がつくことがあります。しかし、装着して1~2週間ほどで違和感を覚えなくなり、舌にも跡がつかなくなってきます。
表側矯正よりも
費用が高い
歯の裏側は患者さまごとに形状が大きく異なるため、歯の形に合わせてオーダーメイドで矯正装置を作成する手間と技術力が必要になり、表側矯正よりも費用が高くなります。
発音しにくい
場合がある
舌が矯正装置に触れることに抵抗を感じたり、舌に跡がつくことがあります。しかし、装着して1~2週間ほどで違和感を覚えなくなり、舌にも跡がつかなくなってきます。
治療期間が
長くなる場合がある
歯の裏側は患者さまごとに形状が大きく異なるため、歯の形に合わせてオーダーメイドで矯正装置を作成する手間と技術力が必要になり、表側矯正よりも費用が高くなります。

よくあるご質問

  • 舌側矯正は痛いのでしょうか?

    矯正治療は、強い痛みを伴うものではありません。また、治療期間中、継続的に痛みは続きません。
    しかし、矯正装置を付けてすぐの時期や、ワイヤーを調整してすぐは、痛みが強い時期があります。そのような期間には、なるべく軟らかい物を食べるようにしてください。
    また、人よりも痛みに弱い、痛みが我慢できないという方には鎮痛剤も処方しておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 舌側矯正は表側矯正よりも治療期間が長いですか?

    技工過程へのデジタル技術の導入や、矯正装置の設置方法の工夫により、表側矯正と同じ期間で治療を完了できるようになってきています。ただ、歯並びが複雑な場合は表側矯正よりも治療期間が長くなる可能性があります。

  • 舌が傷つくことはあるのでしょうか?

    矯正装置が口の中にずっとある状態になので、慣れないうちは舌や唇がこすれて切れてしまったり、傷ができて口内炎になってしまったりします。装置に慣れるまで1か月程度かかる方もいますが、慣れますと口内粘膜が強くなり、傷がつきにくくなります。
    口内炎ができて痛い場合には、カバー用の医療用ワックスを使用していただくことで緩和できますので、お気軽にご相談ください。