カテゴリー1

インビザラインの保険適応について

マウスピースを使って歯並びをきれいにならべるインビザラインは保険がききません。健康保険が適応となりませんので10割負担でインビザラインの費用支払わなければなりません。
カテゴリー1

Aiを使ったオンライン矯正歯科診療システム「Smile Mate(スマイルメイト)」とは?

スマートフォンを使い、ご自身の歯並びの写真を撮影することでレポートを得られるAiを使ったオンライン矯正歯科診療システム「Smile Mate(スマイルメイト)」が注目を浴びてきています。
カテゴリー1

【対応策】インビザラインのアタッチメントが取れたら、どうするの?

インビザラインのアタッチメントが取れたら、電話などで医院まで連絡が必要です。その際、何個目のマウスピースを現在使用しているのか?、どこのアタッチメントが取れたのか?を伝えることが大事です。治療に支障がないのかの判断にもなりますし、次回の来院準備を事前に医院が行うことになり、スムーズな診療につながります。
カテゴリー1

裏側矯正とは

裏側矯正は、歯の裏側に装置をつける方法です。裏側につけるので、正面から見ても矯正治療をしていることはほぼ気付かれません。芸能人などが良く行う方法の1つです。
カテゴリー1

インビザラインの洗浄の仕方

インビザラインの洗浄について、頻度、おすすめの洗浄剤、洗浄の際の注意点についてご説明いたします。
カテゴリー1

インプラント矯正のデメリット・リスク

インプラント矯正のデメリット・リスクについて分かりやすく解説。アンカースクリューを使用したインプラント矯正では、腫れる、脱落する、歯根吸収を起こすなどのリスクを伴います。
カテゴリー1

【矯正治療のリスク】歯根吸収とは?

矯正治療期間が長くなると歯根吸収のリスクが高まります。また、期間が長くならなくても、無理な力を食えたり、無理な破壊を起こしたりすると、歯根吸収のリスクが高まります。
カテゴリー1

オーバーシュート?急増するインビザライン難民?

インビザライン後悔という検索が急増しています。2020年にはインビザライン難民がオーバーシュートするかもしれません。インビザライン後悔という検索数の推移が警笛を鳴らしています。
カテゴリー1

低価格でできる前歯だけの部分矯正って?

軽度の不正咬合の方であれば、低価格、短期間で歯列矯正が可能です。従来型のブラケット装置で行うことも可能ですし、マウスピース型装置(インビザラインGo)で行うことも可能です。
カテゴリー1

オルソパルス販売中止?PBM Healingが日本上陸か?

加速矯正装置のオルソパルスが販売中止となりました。代用品として、香港のPBMオルソ社による加速矯正装置PBM Healingが注目されそうです。
タイトルとURLをコピーしました