成⼈矯正は12歳以上で、20 代30 代40 代それ以上の世代の⽅も含みます。
上顎前突(出っ⻭)、下顎前突(受け⼝、反対咬合)、前⻭部開咬(上下の前⻭が噛み合ってない状態)、下あごの側⽅への偏位(あごのゆがみ)、叢⽣(⻭列のガタガタ)などの症状が治療対象です。アゴ⾻のサイズと⻭のサイズの不調和やアゴ⾻の上下左右のズレに対して⻭を動かすことで治療して噛み合わせを完成させます。幼児期からの矯正治療の流れのなかでは仕上げの治療になります。

治療方法

  • インビザライン
    (マウスピース)

    対象 : 12歳~

    歯型に合わせたマウスピースを作成し、ご自宅や通勤時間などを利用してマウスピースを装着して歯を動かしていきます。薄い透明素材でできており、飲食中をのぞいてどこでも使⽤できます。

    メリット

    • 透明で⾒えにくい
    • ⾦属アレルギーの⽅でも使⽤できる
    • 取り外しが簡単
    • 痛みが少ない

    デメリット

    • つけ始めは違和感が強く、発⾳や⾷事に影響が出やすい
    • ⽬⽴ちやすい
    インビザライン イメージ画像
    治療期間 約1〜2年
    治療費用 550,000円
  • 舌側矯正装置
    (リンガルアプライアンス)

    対象 : 12歳~

    ⻭の裏側につけて外からは全く⾒えない装置で治療していきます。⾆側に着けるマルチブラケット装置です。上下とも⾆側に装着する場合と、上顎のみ⾆側矯正する場合と、どちらかを選んでいただけます。

    メリット

    • ⽬⽴たない、⾒えない
    • 上下のかみ合わせが調整しやすい
    • 発⾳のしづらさが少ない
    • ⻭の表⾯のエナメル質を傷つけない

    デメリット

    • ⾷べたものが引っかかると取りにくい
    • ⾆を傷つけやすい
    舌側矯正装置 イメージ画像
    治療期間 約1年半〜2年半
    治療費用 1,300,000円
  • 唇側矯正装置

    対象 : 12歳~

    装置⾃体が透明で⻭の⾊と同化するため、⽬⽴ちにくいのが特徴です。矯正治療の中で最もオーソドックスな治療法ですが、近年は⽬⽴ちにくさも兼ね備えた器具が主流になってきています。

    メリット

    • 様々な症例に対応できる
    • 細かい調整が利きやすい
    • ⾆側矯正装置よりも安価
    • お⼿⼊れが⽐較的簡単

    デメリット

    • 近くでは装置が⾒えやすい
    唇側矯正装置 イメージ画像
    治療期間 約1年半〜2年半
    治療費用 400,000円〜600,000円

よくあるご質問

  • 抜歯しないといけないのでしょうか?

    必ずしも抜歯が必要というわけではありません。
    歯を抜く必要があるかどうかは、歯のデコボコの量、前歯を覆う唇のかたちや大きさを見て、総合的に判断します。
    一度、当院でご相談ください。 早期に治療を始めることで、あごの成長を促したり、またあごが成長しすぎるのを抑えたりすることができます。つまり、出っ歯や受け口の大元の原因である骨格から治すことができます。

  • 何歳まで治療できますか?

    制限はありません。
    最近は、矯正装置の進歩により、体に優しい軟らかいワイヤーが登場し、治療年齢の制限はほぼなくなりました。
    50歳、60歳の人でも治療を行っております。
    ただし、年齢が高くなるほど体の新陳代謝が子供や若い人とは違うため、治療期間が長くなったり、治療に限界が生じます。

  • 治療期間はどのくらいですか?

    年齢や症状によって異なります。
    最近は治療技術や材料の進歩により治療期間は短縮されてきていますが、成人の場合、平均2年から3年です。
    早い人では1年半ぐらいで、長い人では4、5年かかる場合もあります。
    また、治療後には後戻りを起こさないように、移動した歯をその位置に安定させる保定期間も必要となります。

  • 矯正治療で、どんなリスクがありますか?

    矯正治療はメリットも多いですが、当然ですがリスクもあります。 よく言われるのは、以下のリスクがあります。
    • むし歯(脱灰)・歯肉炎・歯周病
    • 歯肉(歯茎)の退縮
    • 歯の一時的な痛みや不快感
    • 歯髄(歯の神経)の鈍麻・失活
    • 歯根(歯の根)の一部消失(吸収)
    • 歯の骨性癒着(ゆちゃく)
    • 顎関節症(顎の関節の障害)
    • 後戻り
    • 加齢現象

    もし疑問に思われることがありましたら、これらのリスクや矯正治療における治療効果や治療結果についてご説明いたします。
    気になることがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

矯正治療の流れ

  • ご予約/ご相談 イメージ画像

    01:ご予約/ご相談

    お口を拝見し、矯正治療の概略や可能性についてご説明いたします。治療に関して不安なことなどがありましたら、納得のいくまでご相談ください。当法人のクリニックでは、しっかりとしたカウンセリングを心がけています。

    矯正相談は無料です
    お気軽にお問い合わせください
  • 精密検査 イメージ画像

    02:精密検査

    より詳しい情報を知るための検査として、 診断に必要な歯型、顔や口の中の写真、レントゲン写真、その他の診断用資料の検査を行います。

  • 診断 イメージ画像

    03:診断

    検査結果をもとにした治療プランを十分にご説明させていただくとともに、患者さまのご希望をお聞きした上で、適切な治療方針を決めていきます。また、実際に治療を進めるかどうかは、治療内容を確認した上でご判断いただけます。

  • 歯磨き練習 イメージ画像

    04:歯磨き練習

    歯に矯正装置を装着すると、それ以前とは口腔内の状態が変わるため、歯磨きが難しくなりますので、口腔衛生について、徹底した説明とアドバイスをさせていただきます。また、磨き残しによって虫歯が発生しないように、矯正装置装着後も定期的に歯磨き指導を行っていきます。

  • 装置装着 イメージ画像

    05:装置装着

    初診から数回目までのご来院に関しましては、装置を取り付けるために、少なくとも60分~120分ほどのお時間をいたただいています。治療の際には、お時間に余裕を持ってご来院ください。

  • 治療開始 イメージ画像

    06:治療開始

    治療期間は、治療内容や症例の内容などによって個人差がありますが、成人の場合は1.5~2.5年が目安です。通常の通院ペースは3~6週間に1回程度、定期観察の場合は2~6か月に1回通院していただきます。
    また、初診から数回目までは、装着に60分~120分ほどのお時間をいただきますが、その後の通院は調節や監察が目的となりますので、たいていの場合、30~50分程度で済むようになります。

  • 保定治療 イメージ画像

    07:保定治療

    装置が取れた後の歯は、何もしないでおくと元に戻ろうとして、少しずつ動いてしまいます。歯を支える骨や歯周組織が安定し、矯正した歯を望ましい位置で保持できるようになるまで、保定装置を装着します。この段階での通院は、2~6か月に1回となります。

まずはお気軽に無料矯正相談
ご利用ください

  • ⾃分だったら治療費はいくらかかるの?
  • 治療期間はどのくらい?
  • いつから矯正治療を始めたら長い?
  • 自分に合う矯正治療を教えてほしい

矯正治療に関する様々なお悩みにお応えします。
当院では治療内容に納得いただいてから矯正治療を⾏いますので、費⽤だけ知りたい⽅、とりあえず相談だけしたいという⽅もお気軽にご相談ください。

無料矯正相談について詳しく⾒る

Consultation